Windows Server 2012サポート終了に際して

2023年7月21日
株式会社OSK

平素は弊社製品・サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

Windows Server 2012のサポートは2023年10月10日に終了となります。
サポート終了後も利用し続けると、以下のようなリスクが発生します。

  • 新たな脆弱性(セキュリティ上の弱点)を狙った攻撃が起きても、プログラムが更新されなくなります。
    その結果、ウィルス感染の危険性も高まります。
  • 障害発生時に、メーカーサポートが受けられず、復旧が困難になります。
  • OSK製品がサポート対象としているのは、原則としてメーカーサポート中のOSやデータベース、ブラウザ等の各種プラットフォームとなります。サポートが終了したプラットフォーム上で動作するOSK製品につきましては、保守契約に基づき操作のお問い合わせには対応いたしますが、プラットフォームに起因する障害発生には対応できなくなります。

OSK製品のSMILE BS 2nd Edition、eValue NS 2nd Editionをご利用の場合、Windows Server 2012をプラットフォームとしている可能性がありますので、後継製品に入れ替えていただくことをお薦めいたします。

Microsoftによる案内

Windows Server 2012 および SQL Server 2012 サポート終了のお知らせ

TOPへ