eValue V 体験版

スケジューラ 概要

eValue NS2 スケジューラは、個人/グループのスケジュールから施設予約、関連業務までをまとめて管理できます。日々のスケジュール管理だけでなく、「行き先管理」「施設予約」「受付業務」「会議の開催」「プロジェクトタスク管理」など、スケジュール登録と連動して、さまざまな業務活動をサポートします。

スケジュールに関するさまざまな業務活動をサポート

人・モノのスケジュールを共有し、効率的に配置

営業宛ての電話対応時に行き先や帰社時間がわからなくて困る、ダブルブッキングが発生して会議室が使えない...といったトラブルを防ぐためには、人やモノのスケジュールの共有が重要な課題となります。

eValue NS2 スケジューラは、人・モノの予定を優れた操作性で共有・管理可能。不在メンバーのスケジュールを把握して電話対応もスムーズに行えます。また、外出先からの登録・更新により常に最新スケジュールを共有できるのでダブルブッキング防止にも役立ち、顧客満足度向上にも貢献します。

さらに、会議開催の日程調整や、人・モノの空き状況を確認したうえでの一括登録など、グループワークの円滑化を推進します。

登録したスケジュールデータを、Microsoft Exchange Serverメールボックスに保管して、どちらからでも登録・参照を可能にするMicrosoft Exchange Server連携も可能です。

マウスで簡単操作、登録も移動もラクラク

グループウェアは、全員で使ってこそ威力を発揮します。スケジュール登録はマウスのドラッグ操作で手帳に線を引く感覚で簡単に登録可能。移動も同様で、サクサクと簡単に操作できるから、社員全員での利用を実現します。

スマートデバイス対応でいつでもどこでもスケジュール確認

iPhone/iPad/Android端末を利用して、自分や他人、施設のスケジュール状況の確認や更新、行動予定表の確認が外出先から行えます。客先で次の予定を決める、会議予定の確認をする、帰社時間を変更するなど、所在地に関わらず予定を共有でき、業務効率を大幅に向上させます。特に外出の多い営業職や管理職の方の時間の有効活用を支援します。

端末により、利用できる機能が異なります。

製品ラインアップ

TOPへ