eValue V(SMILE V 情報系)

仮想環境での動作について

この製品は、Hyper-V、VMware ESXのゲストOS上に構築されたサーバー上で動作いたします。

このときゲストOSは、Hyper-V、VMWare ESXでサポートされており、かつ稼動させる製品のサーバー要件を満たしている必要があります。

プラットフォームの組み合わせについて

OSとデータベースの動作検証状況をそれぞれご案内していますが、その組み合わせにつきましては、以下の注意が必要です。

  • OSやデータベースは、その組み合わせによっては動作しない場合がありますのでご注意ください。

eValue V 製品構成について

基準情報、モジュール、ユーザーライセンス、オプションで構成されています。

ユーザーライセンスは「エントリーライセンス」と言い、使用する人数に応じて必要です。

ユーザーライセンスについて

ライセンスの利用可能範囲

エントリーライセンス利用範囲

  • ワークフロー
  • ドキュメント管理
  • スケジューラ
  • コミュニケーション

基準情報に同梱のCustom AP Builderのライセンスについては、こちらをご覧ください。

TOPへ